2013年02月16日

復縁7stepのメール文作成のテクニック

復縁7stepでは69個もの復縁に役立つテクニックが詳しく解説されています。


今回はその中でも復縁する時に難しいとされるメールの書き方のテクニックに

ついてスポットを当ててみたいと思います。


復縁7stepのメールの書き方テクニックは相手が1度そのメール文を読んだら

返信しないと気が済まないくらいな状態にさせてメール返信させてしまうテクニックを

習得することができるのでとても役立ちます。



ほとんどの場合は別れてしまった相手にメールを送信したとしても無視されたりして

相手から返信される事は少ないと言われています。


たとえ自分から一生懸命にメールを作成して相手に連絡を取ったとしても

相手から思うように返信が来ないとモチベーションも下がりますし復縁出来る

可能性が低くなってしまいます。


その為復縁7stepでメールのテクニックを習得して活用すれば自分がメールを

送信すれば相手から返信されてくる確率がとても高くなるので良いです。


復縁するには相手との連絡のやり取りがとても重要となってくるので

このメールのテクニックを習得しているかしていないかの違いでかなり復縁出来る

可能性が違ってきてしまいます。



復縁7stepマニュアルでは相手に送信するメール文を作成するポイントをわかりやすく

解説されているのでそのポイントを守ってメール文を作成すると良いです。

posted by 復縁7step at 13:00| 復縁7step

2013年02月15日

復縁7stepの復縁が微妙なケース

復縁7stepでは復縁が微妙なケースについて解説されています。


例えば浮気が原因で別れた場合には復縁が微妙なケースとして挙げられていて

性格の不一致や重いケンカ別れの場合でも復縁が微妙なケースだと言えます。


ささいなケンカで別れた場合には大丈夫だと思いますが

別れた相手と重いケンカをして別れた場合には復縁が難しいケースもあるので

復縁したい場合には把握しておく必要があります。



また性格の不一致で相手と別れた場合でも復縁が難しい場合が多く

どうしてもお互いの性格が合わないと別れた相手も嫌になっている場合が

あるので復縁が微妙なケースが多くあります。



復縁を成功させるには相手との関係性も十分に考えて行動していかなければ

上手に復縁を成功させる事は出来ないので冷静に行動して行きましょう。



復縁が微妙なケースに当てはまる場合にはより慎重に相手の事を思いながら

復縁作業を行っていかなければいけないので復縁マニュアルを熟読した方が良いです。

posted by 復縁7step at 23:35| 復縁7step

2013年02月07日

復縁7stepのアプローチ方法

復縁7stepでは別れてしまった相手のタイプ別に合わせて

上手にアプローチする方法が詳しく解説されています。



このタイプは言葉・スキンシップ・プレゼント・奉仕・時間タイプと

それぞれタイプが分かれていて1人につき2つ程度の種類を持っていると言われます。



別れてしまった相手のタイプを見極めてタイプ別のアプローチをする事で

相手との距離を縮める事が可能になってきて今まで以上に良いコミュニケーションを

取る事ができるようになってきます。


このタイプ別のアプローチ方法を知っておかないとより効果的に相手に対して

アプローチする事ができなくなってしまうので十分に把握しておく必要があります。



小澤康二の7step復縁マニュアルでは5つのタイプ別のアプローチ方法を詳しく解説してくれているので

別れてしまった相手のタイプを考えて復縁作業をして行くと良いです。



復縁7stepの5つのタイプ別アプローチ方法は相手の性格や特徴を理解してアプローチして

行く方法なので相手と良い関係を築きながら復縁を行っていけるのでとても良いです。


posted by 復縁7step at 14:00| 復縁7stepのアプローチ方法